忍者ブログ
Admin / Write / Res
歓びに満ちた人生を♪ ヒーリングルーム中今の秋野真理子です*^^* スピリチュアルセッションの提供を通じ、真に「自分らしく生きる」お手伝いをしています。
[1]  [2]  [3]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

カテゴリー「参拝のコツやヒント」の記事一覧です*^^*
各リンクをクリックすると新しいウィンドウで1つの記事が表示されます。

※記事を一覧で見たい場合はコチラをクリックしてください。
 カテゴリー「参拝のコツやヒント」記事のうち最新の5件が新しいウィンドウで表示されます。
 (最初の1件はこの記事となり、スクロールして下に進むと2件目以降をご覧いただけます。)
 6件目以降を見るには、1件目の記事の上にある  [1][2][3]  といった数字か、
 5件目の記事の下にある  << Back  という文字をクリックしてください。
  
↓ 記事一覧 ↓


シリーズ

参拝の作法と心得(基本編)
一般的な参拝の流れに沿って参拝の心と作法について分かりやすく書いています。
順番にじっくり目を通していただくと参拝の充実や神さまとの交流の実感にお役立ていただけます。
(移行中の新ブログへのリンク)
 
どの神社に参拝すればよいか?シリーズ
その1~その8までの8記事があります。
 
 
祈り方、細かい作法

祝詞のようにやまと言葉で祈ったほうがよいですか?(移行中の新ブログへのリンク)

祈り詞を言うときに周囲が気になることがあります(移行中の新ブログへのリンク)
 
祈り詞が長くて覚えられません

ご本殿以外の小さなお社での祈り詞は?

参道を横切るときはどうすればいいですか?(移行中の新ブログへのリンク)
 
産土神社より先に自宅の鎮守神社に参拝してもかまいませんか?

産土神社や自宅の鎮守神社以外の神社への参拝方法

家族の産土神社への参拝のコツはありますか?


願い事について

願い事をする(移行中の新ブログへのリンク)

願い事はどの神社でしてもいいですか?(移行中の新ブログへのリンク)

神社に参拝すれば願い事は叶うのか?
 
21日連続参拝をすれば願いが叶いますか?したほうがいいですか?(移行中の新ブログへのリンク)


心の持ち方
 
「お礼参り」について(移行中の新ブログへのリンク)
   
神社参拝に逃避しない

神社に参拝したとき、特に何かを感じることがないのですが…


参拝の頻度や時期など

参拝の頻度はどれくらいがいいですか?(移行中の新ブログへのリンク)

参拝に良い時間帯や、良くない時間帯はありますか?(移行中の新ブログへのリンク)
 
新月と一日(ついたち)参り(移行中の新ブログへのリンク)
 
初詣のポイントってありますか?(移行中の新ブログへのリンク)
 
年末詣ってなにですか?(移行中の新ブログへのリンク)
 
 
いろいろな祈祷や行事について

神職さんが常駐していない神社での祈祷やお神札について(移行中の新ブログへのリンク)

大祓(おおはらえ)ってなにですか? (移行中の新ブログへのリンク)
 
 
お宮参り(初宮参り)はどこでするといいですか?(移行中の新ブログへのリンク)
 
厄祓いはしたほうがいいですか?時期や場所は? (移行中の新ブログへのリンク)
 
七五三はいつ・どこにお参りするのがいいですか? (移行中の新ブログへのリンク)


その他、参拝について

生理中に参拝してはいけないのでしょうか?(移行中の新ブログへのリンク)
 
喪中で参拝を控える期間を教えてください(移行中の新ブログへのリンク)

参拝を慎むべき期間でも、鳥居をくぐらなければ参拝してかまいませんか?
 (移行中の新ブログへのリンク)

 
神社参拝のハシゴをしてもよいですか?(移行中の新ブログへのリンク)

ついで参りについて(移行中の新ブログへのリンク)
  
「おみくじ」のひき方にコツはありますか?(移行中の新ブログへのリンク)
   
お酒などのお供えについて (移行中の新ブログへのリンク)
 
六曜(大安、仏滅など)について (移行中の新ブログへのリンク)
  

特定の神社への参拝について

伊勢の神宮に参拝されるときには

お稲荷さんについて(移行中の新ブログへのリンク)
 
 
家庭でのお祀り(おまつり)について

御神札(おふだ)について


※関連カテゴリー

神さま、神社について
 
 
 
~自分らしく生きるお手伝いをしています~
ヒーリングルーム中今のホームページ
産土神社リサーチ/アカシックリーディング/ヒーリング/
扉を開くセッション/本当の自分を生きるセッション/現代レイキ講座/
気づき塾 基礎コース/ほぼ月イチ瞑想会/スピリチュアル勉強会
 
~ヒーリングルーム中今の情報発信~
⇒ もう1つのブログ 産土神社や日本の神さま、神社の話
メールマガジン 産土(うぶすな)だより
⇒ Facebookページ ヒーリングルーム中今
Twitter ヒーリングルーム中今

拍手[0回]

PR
こんにちは、ヒーリングルーム中今です♪


さて^^
神社に参拝すれば願い事は叶うのでしょうか?

それは…
叶うこともあれば、叶わないこともあります。

叶う場合と叶わない場合とでは、何が違うのか?
いろいろな要素が絡んでいますけれど…

つきつめれば「自分」です。


願い事が叶うためには「自分」側の準備が必要なことが多いです。

例えば、円満な人間関係や広き良き縁がほしいと願っている人が、
自分勝手だったり、疑い深かったり、損得でしか人間関係捉えていなかったりする場合、
それでは願い事の叶いようがないことはイメージしていただきやすいのではないでしょうか。

願い事が叶うということは、本質的には、宇宙の法則にもとづいて起ります。
この場合の宇宙の法則とは、「自分の在り方」が現実の結果を創る、ということです。

もし、神社の神さまがその人の願い事を叶えてあげようと思ったとしても、
その宇宙の法則を乱してまで叶えることはできません。
神社の神さまも、当然のことながら、宇宙の法則のなかに存在していますから。


神社の神さまが「この人の願い事を聞くには聞いたし、応援するのもやぶさかではないけれど、今のこの人には願い事が叶うための準備がたりないな」と思った場合、「準備が整うように働きかける」形で応援がなされることがあります。

上の例で言えば、「円満な人間関係を望んでいるけれど、自分自身の勝手なところに気づいていないな、このままでは叶いようがないので、まずは自分の勝手なところに気づけるような出来事をセッティングするところから働きかけよう」といった感じです。

※補足-説明しやすさのため神さまを擬人化していますが、実際には神さまは人ではありません。
神さまが人間的な好き嫌いやジャッジで「この人は叶える」「この人は叶えない」といった採点をしているわけではありません。単に、宇宙の法則に沿ったことしか起りえない、ということです。


でも、実は…

「願い事が叶うよう準備を整えるための働きかけ」は「自分自身の魂」も行なっています。

今の自分に必要な気づきを促すような出来事が起るのはこのためです。

神社の神さまの働きかけは、そうした「自分自身の流れ」をサポートするよう作用します。


神社に参拝して、願い事が叶うこともあれば、叶わないこともあります。

願い事は、自分自身の準備が整ったときに叶います。

神社の神さまからの応援エネルギーは、「自分自身の流れ」に注がれその流れを促進します。

願い事が叶うよう準備が整うえるための働きかけが活発になる場合もあれば、
自分自身が準備万端で後は時機を待つだけだった願い事が叶うタイミングが早まる場合もあります。


なお、ここまでお伝えしてきた仕組みは、産土神社や自宅の鎮守神社などでも同じです。

産土神社や自宅の鎮守神社など、ご自身に特にご縁のある神社であれば祈りはより通じやすいですし、願い事に対してもより親身になってもらいやすいですが、願い事が叶うかどうかの仕組みには変わりません。宇宙の法則だからです。


いつも、大切なのは「自分」なのです*^^*
 
 

~イロイロ募集中~
7月16日 現代レイキ交流会
⇒ 7月18日 瞑想と呼吸法の会
アカシックリーディングモニターセッション
⇒ 本当の自分を生きるセッション 感謝価格(9月末日お申込締切)

☆ホームページ☆
産土神社リサーチ/アカシックリーディング/ガイドリーディング/ヒーリング/扉を開くセッション/
本当の自分を生きるセッション/現代レイキ講座/供養のこと
ヒーリングルーム中今(なかいま)
     
☆メールマガジン☆
産土(うぶすな)だより

拍手[0回]

こんにちは^^ 神さまとあなたのご縁をサポートする中今です♪

今回の参拝のコツやヒントは…

ズバリ!


神社参拝に逃避しない


です^^;


神さまや神社が大好きで、産土神社などのリサーチも仕事として提供している中今ですが、
このことは声を大にしてお伝えしたいと思います*^m^*

現実の生活で悩んだことや困ったことがあったときに神社に参拝することは悪いことではありません。
私自身も悩んだり困ったりしたときに神さまに会いたくなって神社に行くことはありますし、それは弱って元気がないときに親しい人に会くなることにも通じるような、ごく自然な気持ちだと思います。
神さまがヒントをくれたり力になってくれることも、もちろん、あります。

でも、逃避はいけません^^;

どこまでは良くてどこからが逃避なのかは、個々のケースにもより一概に言うのが難しいですが…

一つ挙げられる目安としては、


神社参拝以外に現実的な努力をしているかどうか?


ということがあります。

現実的な努力の内容は個々のケースによりそれぞれです。

関係者に誠心誠意頼みにまわることであるかもしれませんし…
あるいは誠心誠意謝ることかもしれませんし…
何かをもっと粘り強く続けることかもしれませんし…
発想の転換をして新しい方法を採用することもかもしれませんし…
自分の間違ったやり方に気づいて改めることかもしれませんし…
自分の傷を見つめて癒すことかもしれませんし…

…いろいろですが、共通するポイントは

・これまでの自分のパターンから抜け出す現実的な試みをしているか
・自分自身で現状をブレイクスルーする決意や努力をしているか

ということです。

これまでの自分のパターンをなぞって悪い意味での「自分なりに」なってしまっていては、結果もこれまでどおりです。厳しい言い方になりますが、それは現実逃避です。自分を変えることに苦しさや痛みを察知して、そこから逃げているのです。
 
自分のパターンから抜け出すのは大変なことであり、すぐにできない場合もあるかもしれません。
けれど、パターンから抜け出すという意識を持ち、心掛けて努力をすることが大切です。
そうすれば可能性が開けていきますが、見てみぬふりをしてしまってはそこで終わりだからです。

悩みや苦しみは、今自分が向き合うべきテーマを教えてくれていることがほとんどです。
向き合うべきテーマとは、自分の中の障害(ブロック)は何かを知って向き合い、解放する、ということ。
ですから、知って向き合い、解放すれば、悩みや苦しみもクリアされます。

これは自分自身にしかできません。 自分の人生を頑張るのは自分です。

神さまが人の人生を頑張ることはできません。 神さまにできるのは人が頑張ることへの応援です。 
気づきや学びのヒントを送ってくれり、良きエネルギーで元気づけてくれたり慰めてくれたり、機会や縁を用意してくれたり、様々な方法で応援してくれます。

そうした神さまの応援を受け取り生かして頑張るのは、現実を生きることは、自分自身にしかできません。
そこ-自分自身が現実的に生きること-がお留守になったままで神社参拝しても、それは逃避であり、いくら参拝しても何も変わりません。

そうなってくると神さまもこうおっしゃいます。


神社参拝以外にすることがあるのではないですか


…ガーン!!! Σ( ̄ロ ̄lll)

でも、本当のことです(笑)


神社参拝や神社のリサーチに対して悪い意味での他力本願的な誤ったイメージを抱いている方はココにおちいってしまいがちですので注意してください^^;


迷いながらでもいい、試行錯誤をしてもいい、自分自身で自分の現実を生きること。

そうする人を神さまは全力で応援してくださいます*^^*
 


☆ホームページ☆
産土神社リサーチ/アカシックリーディング/ガイドリーディング/ヒーリング/扉を開くセッション/
本当の自分を生きるセッション/現代レイキ講座/供養のこと
ヒーリングルーム中今(なかいま)
     
☆メールマガジン☆
産土(うぶすな)だより

拍手[3回]

こんにちは^^ 神さまとあなたのご縁をサポートする中今です♪


今日、出かけた先で「伊勢の今を伝える いせびとニュース 16号」を見かけていただきました*^^*
伊勢の神宮の別宮の遷宮について特集されていて、綺麗な写真入りで丁寧に解説してくれています。
そのキャプションも ”ことしは 「別宮」 ご遷宮の年”
詳しくは下のURLクリックでPDFでご覧いただけます、ご興味ある方は是非どうぞ♪

いせびとニュース 第16号(PDFファイルが別ウィンドウで開きます) 

※いせびとニュース、残念ながらこの号が最終号なのだそうですが、伊勢人NETでバックナンバーもリンク紹介されています。伊勢関係の本などもたくさん扱われているようです。


そして、いせびとニュースとの出会いがキッカケで書こうと思いつきました☆

伊勢の神宮にお参りされるときは…


◆少し予習(下調べ)していくといいと思いますよ~!

もちろん絶対というわけではありません。 
例えば「根っからの直観派だし~」「先入観なしで純粋に感じたい」というのも大アリです^^
 
でも、もし、単に観光気分で行くのでは…勿体ないです;_;
少しでも予習して神さまに意識を向けていたほうが、
現地での経験や気づきがよりイキイキ豊かなものになりやすいです☆

「観光」とは、本来は、「光を観る」こと。

昨今、観光と言われるときは物見遊山的なニュアンスが強いかと思いますが、
伊勢の神宮に参るなんて、まさしく本来の観光!?^^

伊勢の神宮は、なぜ、いつから、どのようにして、祀られているのか?
意味や歴史を知ることで「感じよう」「気づこう」という意識が自然と高まり、
神宮に参ることをまさしく光を観る観光体験にできる可能性が高まります^^
(マニアのように詳しく勉強したり覚えたりする必要はありませんが、
 イメージを豊かにしておくことはとてもいいことです。
 そして、実際に参るときは頭を使わずただその時のその場を感じるといいです*^^*)

予習方法ですが…

観光ガイドの本で神宮の部分を読むのでは… ちょっと物足りないかな~^^;
内容にもよりけりなので一概に言い切れない部分はありますけれども…

伊勢の神宮だけを扱った本を読むことや、下のようなWebサイトを見てみることはいかがでしょうか^^

伊勢神宮公式サイト(ご注意:音が出ます)



◆別宮への参拝や関連施設の訪問もオススメです♪

伊勢参りの後は鳥羽の水族館やレジャー… というのも、もちろん悪くありませんが…^m^

外宮・内宮、それぞれの別宮へのお参りもいいものですし、
関連施設への訪問もオススメです。
神宮の存在や日本人の歩みや歴史ということへの体験やイメージが豊かになると思います。
下にいくつかの施設をご紹介します。

式年遷宮記念 せんぐう舘
外宮のすぐ隣(といいましょうか敷地内)、とても立ち寄りやすいです。

神宮の博物館 … 徴古館、農業館、美術館
内宮や外宮のすぐ近くとはいきませんが伊勢市内ですので比較的近いです。
別宮・倭姫宮とはすぐ近く。こちらに行く際はぜひお参りも。

いつきのみや歴史体験館
かつて斎宮があった明和町にあります。超穴場かも?!
いろいろな手作りや装束などの体験で古代や神宮への理解が深まりそう。
内宮や外宮からは少し離れますが、車があればそれほど遠くありません。

斎宮歴史博物館
上の体験館と同じ明和町にあるすごく立派な展示施設。
これら体験館や博物館のあるあたりに広大な斎宮施設があったといわれ、古墳もみつかっています。
施設だけでなく、現地の空気感を味わってみると感慨深いかも。
 
 
 
ご参考になれば幸いです、どうぞよいご参拝をなさってくださいネ*^^*



☆ホームページ☆
産土神社リサーチ/アカシックリーディング/ガイドリーディング/ヒーリング/扉を開くセッション/
本当の自分を生きるセッション/現代レイキ講座/供養のこと
ヒーリングルーム中今(なかいま)
     
☆メールマガジン☆
産土(うぶすな)だより

拍手[1回]

この記事は新ブログへ移行しました。

⇒ 「祝詞のようにやまと言葉で祈ったほうがよいですか?




~歓びに満ちた人生を♪~
~自分らしく生きるお手伝いをしています~
ヒーリングルーム中今のホームページ
産土神社リサーチ/アカシックリーディング/ソウルカウンセリング/ヒーリング/
扉を開くセッション/本当の自分を生きるセッション/現代レイキ講座/
アカシックお話し会/気づき塾/瞑想会/呼吸法の会

~ヒーリングルーム中今の情報発信~
⇒ もう1つのブログ 産土神社や日本の神さま、神社の話
メールマガジン 産土(うぶすな)だより
⇒ Facebookページ ヒーリングルーム中今
Twitter ヒーリングルーム中今

拍手[2回]

プロフィール
HN:
秋野真理子
性別:
女性
自己紹介:
「歓びに満ちた人生の実現」を
お手伝いしています♪
スピリチュアルセラピスト
アカシックリーダー
日本の神さまコミュニケーター

◇個人セッション
-アカシックリーディング
-ソウルカウンセリング
-ヒーリング
-扉を開くセッション
-本当の自分を生きるセッション
(インナーチャイルドや過去世も)

◇自己認識・気づき・変容のサポート
-「叡智の道」勉強会
-気づき塾
-瞑想会
-呼吸法とお話しの会
-現代レイキ講座

◇あなたと神さまのご縁をサポート
-産土神社(うぶすな)などのリサーチ
-日本の神さまや神社の情報発信

⇒詳細はこちらへ*^^*
メールマガジン
◆神道のミニコラム
◆日本の神さまからのメッセージ
◆ヒーリングルーム中今の催し情報
   などをお届けします☆*^^*
メルマガ購読・解除
 
Facebookページ
Twitter
ブログ内検索
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
最新コメント
[11/07 ゆりね さもはら]
[10/12 p]
[09/01 平原貴美子]
[08/27 太鼓・福]
[03/25 太鼓・福]
最新トラックバック
バーコード
アクセス解析
Copyright ©   ヒーリングルーム中今 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]