忍者ブログ
Admin / Write / Res
歓びに満ちた人生を♪ ヒーリングルーム中今の秋野真理子です*^^* スピリチュアルセッションの提供を通じ、真に「自分らしく生きる」お手伝いをしています。
[1]  [2]  [3
こんにちは^^
ヒーリングルーム中今の秋野真理子です。

今日は最近読んで面白かった本をご紹介します。
福岡伸一さんの『遺伝子はダメなあなたを愛してる』です♪





福岡伸一さんが面白いらしいと小耳にはさみ、へー、じゃあ何か一冊読んでみようかな?と思案したとき、タイトルが気に入ってw、コレを選んで読んでみました。
遺伝子はダメなあなたを愛してる - なんか、こう、ありのまま的な感じでいいじゃあありませんか*^m^*

そして、実際に読んでみまして、とても面白かったです。

どんなふうに面白かったか?

まず、生物学者さんならではの面白事実を知ることができます♪
例えば、DNAやエピジェネティクスの話し、免疫の話し、鳥は息を吐いているときにも酸素を吸収している、葉っぱが枯れたり落ちたりするのはなぜか、蟻にもある2割の法則、などなど。

さらに、それを語るスタンスがとてもニュートラルで心地よい。
ニュートラルなスタンスって、スピリチュアルでもとても大切なものなので、そういうことがは本当に嬉しく感じられる私です*^^*

文体や構成もサラッと無駄がなくて、流れるように読みやすいです。
(生物学とかに疎くても理系苦手でも、読みやすいと思います。)

こんなふうなインタレスティングで心地よい本を読む時間を持っていいものだな~とあらためて感じました♪


ご興味湧いてきた方はぜひ。
文庫になっているので手軽ですし、お近くの図書館にもあるかもしれません*^^*



◆2017年2月のイベント◆

東京 アカシックリーディング
2月13日(月)11時~13時半の間で受付中

 
個人セッションや現代レイキ講座、産土神社のリサーチは随時承っております*^^*

~歓びに満ちた人生を♪~
~自分らしく生きるお手伝いをしています~
ヒーリングルーム中今のホームページ
産土神社リサーチ/アカシックリーディング/ソウルカウンセリング/ヒーリング/
扉を開くセッション/本当の自分を生きるセッション/現代レイキ講座/
気づき塾/ほぼ月イチ瞑想会

~ヒーリングルーム中今の情報発信~
⇒ もう1つのブログ 産土神社や日本の神さま、神社の話
メールマガジン 産土(うぶすな)だより
⇒ Facebookページ ヒーリングルーム中今
Twitter ヒーリングルーム中今

拍手[1回]

PR
こんにちは^^
ヒーリングルーム中今の秋野真理子です。

さて、今回は、少し前に読んだ本『マンガでやさしくわかるNLPコミュニケーション』をご紹介します。
私にとって、読みやすく・分かりやすく、いい本でした♪


 
「マンガで~」とありますが、マンガだけではなく、マンガの部分と文章の部分が交互に出てくる構成です。

ストーリーがあるマンガでザックリ感覚的なイメージをつかんだあと、
文章でより詳しく整理もしながら把握していく方法で、
読みやすく・分かりやすく感じました。

内容は、タイトルどおり、コミュニケーションについて、です。

私たちの悩みって、人間関係に関するものがほとんどです。
ある意味、全部と言ってもいいかもしれません。

人間関係が解決すれば仕事の悩みも解消、なんてことは本当によくあることです。

そして、なぜ人間関係に悩むのかというと、コミュニケーションなのです。

あの人が悪い、周りが悪い、はたまた私が悪い、など、
人間関係の悩みの原因を誰かの人間性のせいと考えてしまいがちですが、

実際は、誰かが悪いのではなく、コミュニケーションの問題であることがほとんどです。

ということは!

コミュニケーションって、誰にとっても大事だし学びがいがあること。

人間関係やコミュニケーションに悩んでいる人には、
なんらかのヒントが得られる一冊だと思います。

私自身も、得意で自然にできている部分についてはより整理できたり、
どこが不得意な部分かが分かってヒントになる部分があったり、
まだ全部を消化しきれていない部分もありすが、
それでも読んでよかったな~と思っています。

この本一冊読んでNLPがマスターできるわけではありませんが^w^
読めば何か得られる可能性が高いのではないかな~?と^^

(ちなみに、同シリーズで『マンガでやさしくわかるNLP』もあるのですが、私個人は、後から読んだにもかかわらずこちらのほうが難しく感じました。個人差あるかもしれませんが、コミュニケーション目的ならまず『マンガでやさしくわかるNLPコミュニケーション』のほうがよいかも?)

ピンときた方は手にとってみてはいかがでしょうか*^^*


参考情報:目次から
プロローグ NLPとは?
パート1 コミュニケーションとは?
パート2 ミスコミュニケーションを防ぐには?
パート3 コミュニケーションのための言葉の使い方
パート4 八方ふさがりの頭の中を解きほぐす発想法
パート5 相手の無意識に働きかける方法
 
 
 
~自分らしく生きるお手伝いをしています~
ヒーリングルーム中今のホームページ
産土神社リサーチ/アカシックリーディング/ソウルカウンセリング/ヒーリング/
扉を開くセッション/本当の自分を生きるセッション/現代レイキ講座/
アカシックお話し会/気づき塾/瞑想会/呼吸法の会
 
~ヒーリングルーム中今の情報発信~
⇒ もう1つのブログ 産土神社や日本の神さま、神社の話
メールマガジン 産土(うぶすな)だより
⇒ Facebookページ ヒーリングルーム中今
Twitter ヒーリングルーム中今

拍手[0回]

こんにちは、ヒーリングルーム中今の秋野真理子です^^

今日はすぐに使えるヒントがもりだくさんな実践本、
アドラー流 たった1分で伝わる言い方』の紹介です。

アドラー心理学を実際の生活に活かすコツが知りたい方はもちろん、
アドラー心理学を特にご存知なくても、
思ったことをどう表現したらいいのか分からなくて我慢するか言い過ぎるかになってしまう、
人間関係のストレスを軽減するヒントがほしい、などの悩みがある方にも、
気軽に読めるし役立てやすい内容だな~と感じました^^


私たちの悩みの大部分って、人間関係です。

例えば、仕事が嫌だと感じている人も、仕事内容そのものが嫌なのではなく、仕事上の人間関係が嫌だったり、人間関係の問題が仕事を複雑化したり、など、本当は人間関係の悩みが原因で以後とを嫌だと感じていることが多いものです。

そして、人間関係を悩むとき、自分が悪いとか、相手が悪いとか嫌いとか、自分の存在そのもの-つまり自分の人間性-や相手の存在そのもの-相手の人間性-を良い悪いや好き嫌いでジャッジして考えてしまうことも多いものですが…

実は、人間性の問題ではなくて「コミュニケーションのスキル」の問題であることがこれまたとても多いです。

例えば、自分が思ったことを表現しようとするとき、
いわゆる「感じのいい言い方」ができれば、
コミュニケーションがスムーズで人間関係も良好になります。

ですが、家庭など養育環境のなかで「感じのいい言い方」が身についていない場合、
自然と自力でそれができるようになるというのは、やはりなかなか難しいです。
親にジャッジされたり嫌味を言われたり責められたりしてて育った場合は、
やはり、多くの場合、同じような言い方が身につくことになります。

成長過程で周りの反応などから「あ、この言い方だとダメみたいだ」と気づかなければ、
いわゆるKYになる可能性もあります。

「あ、これだとダメだ」と気づいた場合、
周りの人の言い方などからいい具合に学んで改善していける場合もありますが、
なんらかの形で我慢することによって対処してしのいでいくことも多いです。

そのまま表現したらダメみたいだから、と、
とにかく言わない、その場は相手に合わせる、遠まわしに言う、など、
自分を抑圧する形で対処する。。。
ためこんでから言う場合は、つい感情的になったり言い過ぎたりして後悔したり。。。

で、お互いにそれをしていると、コミュニケーションがスムーズにいかず、
誤解もストレスも生ますし、人間関係も悩み多きものになってしまいます。

もし、相手を尊重しながら自分自身の本心も表現できることができれば…

コミュニケーションも人間関係もグンとスムーズになります♪

で、やっぱ、そのためには、学ぶのが一番だと思うのです☆

本を読むのも、学びの一つで、しかもお手軽♪

1つ2つでも使えるヒントがあれば、その分、心が軽くなります。

このパターンには対処できる!と思えることが増えれば、
あ~、嫌だな~、気が重いな~って感じる時間が減りますもんね^^

なんか気になってきたわ… というあなた、よかったらいかがですか?

目次、大雑把に紹介しておきますね*^^*

プロローグ アドラー心理学基本用語
PRAT1 人間関係がうまくいかない人の10の特徴
PART2 人間関係がうまくいく人の18の法則
PART3 「この人は信頼できる!」と思われる8つの聴き方
PART4 どんな相手にも伝わる言い方9つのポイント
PART5 こんなときどうする?シーン別伝え方 仕事編
PART6 こんなときどうする?シーン別伝え方 プライベート編

アドラー流 たった1分で伝わる言い方』より
 
 
 
~自分らしく生きるお手伝いをしています~
ヒーリングルーム中今のホームページ
産土神社リサーチ/アカシックリーディング/ソウルカウンセリング/ヒーリング/
扉を開くセッション/本当の自分を生きるセッション/現代レイキ講座/
アカシックお話し会/気づき塾/瞑想会/呼吸法の会
 
~ヒーリングルーム中今の情報発信~
⇒ もう1つのブログ 産土神社や日本の神さま、神社の話
メールマガジン 産土(うぶすな)だより
⇒ Facebookページ ヒーリングルーム中今
Twitter ヒーリングルーム中今

拍手[0回]

こんにちは、ヒーリングルーム中今です^^

ベストセラーになったこともあり、もう定番化してもいるのでしょうか、
本『嫌われる勇気』を読んでみました。



副題に”自己啓発の源流「アドラー」の教え”とあるとおり、アドラー心理学にもとづいた内容で、アドラー心理学に通じた哲人と彼に質問を投げかける青年との対話形式で綴られています。

評判になりはじめた頃からこの本の存在は知っていましたし、アドラー心理学の評判も小耳にはさんだことはあったのですが、なぜだかその頃には読んでみようという気持ちになりませんでした。おそらくちょうどスピリチュアルなことにググッとフォーカスしていた時期で、心理という切り口に興味が動かないタイミングだったんだろうな~と思います。

で、今になって、スピリチュアルが自分の専門であることには変わりないながらもふと読んでみようかなという気持ちになって読んでみたところ”おっ、私にとってちょうどいいタイミングだったのかも”と感じました。スピリチュアルな分野での見識をある程度広げたり深めたりしてからこの本を読んだことで、面白さが増したように感じたからです。

そんなスピリチュアルな視点を持っている私の感想、やや変わった角度からになるかもしれませんが、
書いてみます^^

読み進めてすぐに"おー!"と思ったのは、ごく最初の頃に書かれている、アドラー心理学ではトラウマや原因論を採用しない、そこにはどんな目的があるのか?と考える、という点でした。

用語や概念の定義付けが難しい面もありますが、私個人は、トラウマと呼べるような経験や、そうした経験が原因となって引き起こされる(とも見える)何かというものは、やはりあると考えています。
(つまり、この点ではアドラー心理学とは立場を異にしているということになるのかなぁ??)

でも、トラウマの存在や原因論にばかりフォーカスしても問題が解決しないことが多い、ということも深く思っています。原因を突き詰めても問題の解決にならず、むしろ「~のせいだ」と他者に責任を転嫁することで問題が硬直化してしまうことはよくあることだからです。
(この場合の問題の解決とは、当事者の気持ちや人生が楽になる、ということです。)

これって実は、スピリチュアルなセッションでも同じことが言えます。
例えば、今の私がこういった偏った感じ方をするのはあの過去世のこんな出来事が影響しているから、といったことは実際にあるのですが、かといって、「あの過去世のこの出来事のせいだ」と考えることは問題の解決にはなりません。その考え方だと「あの過去世のせいだ」と今自分以外のところに責任を転嫁して、むしろ問題を硬直化させてしまいます。

影響は受けるということは確かにあります。
けれど、それは「過去世のせいで」と過去世に責任を転嫁することとは異なります。
誤解を恐れずにごくザックリ言ってしまうと、
今の自分がその影響を受けることを受け入れなければ影響を受けることはないのですから。
(ここまで過去世を例に挙げましたが、インナーチャイルドなど幼少期からの影響についてもほぼ同じことが言えます。)
(さらにスピリチュアルに見ると、原因も結果もない、と表現することもできます。)

ただし、そう書くのは簡単ですが、実際にそこをどう解きほぐして転換していくかは、とても繊細なところで、難しいところです。自分自身で客観視するのも難しいですし、日常的な意識から原因も結果もないという大きな視点へいかにシフトするかの難しさもあり、私が提供している個人セッションの中でも大きなポイントの一つとして常に意識しているところです。
 
そんなふうに感じている私にとって、そこにはどんな目的があるのかを考える、ということをはじめとしたアドラー心理学の考え方や方法は、自分で自分を見つめて解放したり変わったりするための大きな助けになりうるな、有効だな、と思えるものでした。

過去世やインナーチャイルドなどスピリチュアルな概念や情報を持ち出さなくても、現在の人生と自分の気持ちに着目することで進んでいける点も大きなメリットだと思いました。 
過去世やインナーチャイルドから望ましくない影響を大きく受けている人は実はとても多いですが、今のところ多くの人にとってセッションを受けて過去世やインナーチャイルドの課題に取り組むことは日常的ではありませんし、セッションを受けたとしても-つまりセッションを受ける・受けないに関わらず、自分自身での日常的な取り組みは必須です。
そして、自分自身で日常のなかで取り組むときに、過去世やインナーチャイルドを詳細に意識して取り組める人はごく少数派ですから、現在の人生や自分の気持ちに取り組むことも必須になります。
 
「自分を見つめる」「自分に向き合う」「内観」

そうしたことを通じて自己認識を深めることは本当に大切なことです。

私たちは自分を知った分だけ、解放され、癒され、自分らしく生きることができるからです。

でも、自分を見つめる、自分に向き合う、内観する、これがなかなか難しいのも事実です。
指針となる考え方や軸がないままに取り組んで考え方のクセやグルグル思考を強化してしまう場合もあります。

そのヘンを回避するために優れた智恵を参考にしたり取り入れたりすることはとても大切なことで、
この本もヒントになるところがとても多いのではないかな~と感じました。

私個人としては、スピリチュアルな話しを持ち出さずにここまで整理や説明ができるものなのだな~、自分が持っているスピリチュアルな概念とまったく同じではないにしてもかなりの部分整合するな~、という点に特に感銘を受けました。一人の人を独立した個人として捉えて尊重するところや全体性の視点など、なるほどな~そうだよな~と感じるところがたくさんありました。

なお、ちょこっと念のための補足としましてm(__)m
これまで「自分は少数派だ」「自分は周りに嫌われている」といった思いを抱えて生きてきた方にとっては
この本のタイトルはちょっといただけない感じなのではないかな~?と思ったりもします。
(私自身がそういうタイプでそう思うから、なのですが^m^)
でも、まぁ、こちらを傷つけてくる本ではありませんし、得られるところはあると思いますし、
もし気になるお気持ちがあるようなら読んでみるといいのではないかな~と思います^^

最後に、私の印象に残った部分をいくつか抜粋してご紹介します。



 * * * * * * *


自分の経験によって決定されるのではなく、経験に与える意味によって自らを決定するのである。


人は「この人と一緒にいると、とても自由に振る舞える」と思えたとき、愛を実感することができます。


他者の課題には踏み込まない。


対人関係のカードは、「わたし」が握っている。


より大きな共同体の声を聴け。


アドラー心理学ではあらゆる「縦の関係」を否定し、すべての対人関係を「横の関係」とすることを提唱しています。


人は、ほめられることによって「自分には能力がない」という信念を形成していく。



 * * * * * * *


自分の心理や人間関係の悩み、物事の見方などに新しい視点や切り口がほしいな~、という方は、
読んでみるとなにか発見があるかもしれません*^^*
 
 
 
~自分らしく生きるお手伝いをしています~
ヒーリングルーム中今のホームページ
産土神社リサーチ/アカシックリーディング/ソウルカウンセリング/ヒーリング/
扉を開くセッション/本当の自分を生きるセッション/現代レイキ講座/
アカシックお話し会/気づき塾/瞑想会/呼吸法の会
 
~ヒーリングルーム中今の情報発信~
⇒ もう1つのブログ 産土神社や日本の神さま、神社の話
メールマガジン 産土(うぶすな)だより
⇒ Facebookページ ヒーリングルーム中今
Twitter ヒーリングルーム中今

拍手[1回]

こんにちは、ヒーリングルーム中今です^^

ロングセラー本の『愛するということ』を読んでみました。



ずいぶん前から話題になっていたのにこれまで読まずにきて、いまさらかしら~ん^o^;
と思ったりもしたのですが、面白く、参考になる部分もあり、読んでよかったです。

西洋の分野や哲学を基盤に書かれているので日本人にとってはちょっとしっくりきづらい面があります。
あと、文章がめっちゃ理屈っぽい部分があって、そのへんは向き不向きや好き嫌いが出るところかもしれません。(私は読みづらいところはけっこう流し読みしたりも^m^;)

それでも、やはり、ロングセラーになるだけのことはある有意義な本なのかな、と感じました。

スピリチュアルな観点を持つ私にとっては、私がスピリチュアルな考えとして捉えているイロイロなことを、ナルホド、そういう角度や切り口での捉えたり表現したりする方法があるのか~!と興味深く感じたり分かりやすく感じたりする面が多かったです。瞑想や集中力についての記述があることにも驚きました。

私の若い頃はバブル期で、その頃にはこうしたテーマの本が本屋で平積みになることは想像しがたいことだったように思います。愛について語るなんてクサイ、といった風潮もあったかと思いますが、時代が変わり、こうしたテーマの本が長く広く注目を集めるようになりました。やっぱり人は愛がないと生きられないのですね~。(←ワザとクサクまとめてみましたぁ*^w^*)

以下、私の印象に残った部分を少し抜粋してご紹介します


 * * * * * * *


尊敬とは、その語源(respicere=見る)からもわかるように、人間のありのままの姿をみて、その人が唯一無二の存在であることを知る能力のことである。尊敬とは、他人がその人らしく成長発展してゆくように気づかうことである。


幼稚な愛は「愛されているから愛する」という原則にしたがう。
成熟した愛は「愛するから愛される」という原則にしたがう。
未成熟の愛は「あなたが必要だから、あなたを愛する」と言い、
成熟した愛は「あなたを愛しているから、あなたが必要だ」と言う。


もし一人の他人だけしか愛さず、他の同胞には無関心だとしたら、それは愛ではなく、共生的愛着、あるいは自己中心主義が拡大されたものにすぎない。


人間そのものを愛するというのは、特定の個人を愛することの後からくる抽象的なものだと、しばしば考えられているが、そうではない。たしかに現実には、特定の個人を愛するときにはじめて人間そのものを愛することになるが、人間そのものを愛することはあくまで特定の人間を愛することの前提なのである。


重要なのは、変化に気づくことと、手近にある理屈にとびついてそれを安易に合理化しないことである。
それに加えて、内なる声に耳をかたむけることだ。


 * * * * * * *


愛したい方、愛されたい方、愛し合いたい方…
一度手にとってみると、気づきやヒントが見つかるかも… しれません*^^*
  
  
    
~自分らしく生きるお手伝いをしています~
ヒーリングルーム中今のホームページ
産土神社リサーチ/アカシックリーディング/ソウルカウンセリング/ヒーリング/
扉を開くセッション/本当の自分を生きるセッション/現代レイキ講座/
アカシックお話し会/気づき塾/瞑想会/呼吸法の会
 
~ヒーリングルーム中今の情報発信~
⇒ もう1つのブログ 産土神社や日本の神さま、神社の話
メールマガジン 産土(うぶすな)だより
⇒ Facebookページ ヒーリングルーム中今
Twitter ヒーリングルーム中今

拍手[0回]

プロフィール
HN:
秋野真理子
性別:
女性
自己紹介:
「歓びに満ちた人生の実現」を
お手伝いしています♪
スピリチュアルセラピスト
アカシックリーダー
日本の神さまコミュニケーター

◇個人セッション
-アカシックリーディング
-ソウルカウンセリング
-ヒーリング
-扉を開くセッション
-本当の自分を生きるセッション
(インナーチャイルドや過去世も)

◇自己認識・気づき・変容のサポート
-「叡智の道」勉強会
-気づき塾
-瞑想会
-呼吸法とお話しの会
-現代レイキ講座

◇あなたと神さまのご縁をサポート
-産土神社(うぶすな)などのリサーチ
-日本の神さまや神社の情報発信

⇒詳細はこちらへ*^^*
メールマガジン
◆神道のミニコラム
◆日本の神さまからのメッセージ
◆ヒーリングルーム中今の催し情報
   などをお届けします☆*^^*
メルマガ購読・解除
 
Facebookページ
Twitter
ブログ内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カウンター
最新コメント
[11/07 ゆりね さもはら]
[10/12 p]
[09/01 平原貴美子]
[08/27 太鼓・福]
[03/25 太鼓・福]
最新トラックバック
バーコード
アクセス解析
Copyright ©   ヒーリングルーム中今 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]