忍者ブログ
Admin / Write / Res
歓びに満ちた人生を♪ ヒーリングルーム中今の秋野真理子です*^^* スピリチュアルセッションの提供を通じ、真に「自分らしく生きる」お手伝いをしています。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
こんにちは^^
ヒーリングルーム中今の秋野真理子です。


7月からしばらくの間、「気づき塾」でインナーチャイルドを扱うことにしました。
その関係でこのブログのカテゴリ「気づき塾」にインナーチャイルド関連の記事を投稿しています。

一つの記事に複数のカテゴリを設定することができないので・・・
インナーチャイルドに特にご関心があって、カテゴリ「インナーチャイルド」をご覧くださる方にもお知らせできればなと下にご紹介いたします^^

今このときを生きてインナーチャイルドを癒す

⇒ 気づき塾、インナーチャイルドシリーズ(1)のご感想まとめ

インナーチャイルドを癒すってどういうこと?

いつも同じ問題でつまずくのはなぜ?


8月の気づき塾もインナーチャイルドがテーマです。
ご関心ある方はぜひご検討ください*^^*
気づき塾は定員3名さまの少人数ワークショップです。
グループダイナミクスが働くワークショップの良さと、
少人数の安心感の両方のメリットがあります。
(お申し込みがお1人の場合はお1人での開催となります。)

そうは言っても慣れないし内面的なことだしやっばり1人が安心かも・・・な場合は、
インナーチャイルドに取り組むことが可能な個人セッションとして

扉を開くセッション

本当の自分を生きるセッション

の2種類のメニューがあります。
こちらはもともと個人セッションなので確実にお1人で受けていただけます。


真のインナーチャイルドの癒しとは、潜在意識下の思考や言動のパターンに気づき、 癒して解放すること。

真に自分らしく生きることを、人生を自由に創造することを、力強く後押ししてくれます。

ご関心あるみなさんと一緒に取り組めればとてもうれしいです*^^*




~歓びに満ちた人生を♪~
~自分らしく生きるお手伝いをしています~
ヒーリングルーム中今のホームページ
産土神社リサーチ/アカシックリーディング/ソウルカウンセリング/ヒーリング/
扉を開くセッション/本当の自分を生きるセッション/現代レイキ講座/
アカシックお話し会/気づき塾/瞑想会/呼吸法の会

~ヒーリングルーム中今の情報発信~
⇒ もう1つのブログ 産土神社や日本の神さま、神社の話
メールマガジン 産土(うぶすな)だより
⇒ Facebookページ ヒーリングルーム中今
Twitter ヒーリングルーム中今

拍手[1回]

PR
こんにちは^^
ヒーリングルーム中今の秋野真理子です。


「まだインナーチャイルドなんですか?」
リーディングセッションの中でときどき聞く言葉です。


リーディングセッションの中で、

「今現在の○○の課題をクリアするために取り組むとよいことはなんですか?」

というご質問をリーディングすると、

「インナーチャルイドを癒すこと」
「お父さん、あるいは、お母さんとの関係性に向き合うこと」

といった答え(情報)が返ってくることがあります。


その情報を聞いて、

今の課題の原因が幼少期(インナーチャイルド)にあるの?
とその意外さに驚く方もいらっしゃいますが、

これまでも取り組んできたのに、まだ?
と驚く方もいらっしゃって、
 その場合はタイトルや冒頭の言葉になることがあるのです。
 
これまでの取り組み内容は、クライアントさんによって、
インナーチャイルドワークそのもののこともあれば、
他の心理的なあるいはスピリチュアルなメソッドのこともあったり、
幼少期から現在までの様々な人生経験や頑張りであることもあったり、
あるいはそれらの複合であったりと、いろいろですが、
共通しているのは「あれだけしたのに、まだ、そこをするの?」という思いです。


お気持ち、分かります。
私自身も同じような状況で同じような気持ちになったことがあるからです。


でも、やっぱり、そういうことってあるのです。

決してこれまでの取り組みが無駄だったわけではありません。

むしろ、これまでの取り組んできたからこそ、
それを土台にさらに取り組めることがあるのです。
 
今まで軽くなってきたのと同じように、
これからもさらに軽やかになれるということなのです。


誰にとっても、今の課題の根本的な原因は、幼少期やインナーチャイルドにあります。
過去世の影響がある場合にも、基本、今世の幼少期やインナーチャイルドの傷が絡んでいます。

ただし、ソコに取り組む時期や程度はその人の魂の旅や人生のタイミングによってそれぞれです。
例えば、人生の時期によっては、幼少期やインナーチャイルドの傷があったしても今の課題としては顕在化せずタイミングがくるまで寝かせておく、といった場合もあります。

私がリーディングセッションで「インナーチャイルドの癒しに取り組むといいですよ」とお伝えするのは、今、それをするといい(=有効、役に立つ)という情報があった場合です。

(深く観ると、「インナーチャイルドに取り組むといい」と聞くためにセッションにこられているという面もあります。)
 
リーディングを他者から受ける場合、答え(情報)が想定外だと「本当にそうなんだろうか・・・?」と感じることもあるものだと思いますが、その場合はご自身を振り返ってみてください。

今現在あなたの前にある課題は、いつからあなたの人生に存在していますか?

同じようなことを繰り返している場合、覚えている一番最初はいつですか?

今の課題の原因を連想してどんどんさかのぼっていったら、いつに行き着きますか?

最後は、物心つくかつかないかくらいの幼い頃で、その前の記憶はほとんどない、というところではありませんか?

もしそうであれば、あなたの課題の根本的な原因は、記憶がほとんどない頃の幼少期にあるのです。

人の思考や言動のパターンの95%は5歳までにつくられます。

それが、今のあなたの課題や悩みのモトなのです。


ポイントは、出来事レベル、対人レベルではなく、
自分の価値観や観念、思考や言動のパターンのレベルでの気づきや変容です。
感情のリリース(解放)も大切です。


自分に深く向き合うことが、軽やかな人生へとつながっていきます。



 ・ ・ ・


スピリチュアルな叡智にもとづくより大きな視点から
インナーチャイルドの仕組みをお伝えし変容をうながします。
 気づき塾 インナーチャイルドシリーズ(1)
いつも同じ問題でつまづくのはなぜ?
7月26日火曜13時~/19時~/7月30日土曜19時~ 

気づき塾の2時間内だけでなく、
その後の毎日でのご自身での気づきを重視し内容構成しています。


 ・ ・ ・



~歓びに満ちた人生を♪~
~自分らしく生きるお手伝いをしています~
ヒーリングルーム中今のホームページ
産土神社リサーチ/アカシックリーディング/ソウルカウンセリング/ヒーリング/
扉を開くセッション/本当の自分を生きるセッション/現代レイキ講座/
アカシックお話し会/気づき塾/瞑想会/呼吸法の会

~ヒーリングルーム中今の情報発信~
⇒ もう1つのブログ 産土神社や日本の神さま、神社の話
メールマガジン 産土(うぶすな)だより
⇒ Facebookページ ヒーリングルーム中今
Twitter ヒーリングルーム中今

拍手[1回]

こんにちは、ヒーリングルーム中今の秋野真理子です^^


下の写真は青い鳥・ピーちゃんと満面の笑顔の私(笑)
先日参加したアートセラピーWSのきのものです♪



 

アドラー心理学も取り入れた
アートセラピーWSで経験できたことは、
 
・アートセラピーの良さの実認識
・感情の表現や解放ができるだけでなく、コミュニケーションのツールになる認識
・グループワークの良さの再認識
・自分自身の癒しも♪
 
 
より自分自身に引き寄せた気づきとしては、
 
・自分の個性や得意分野の再認識
・自分がしたい仕事への再コミット
 
 
などがありました。
 
刺激やご縁のおかげでやる気が新たになり☆
嬉しくありがたいです^人^
 
 
再コミットした仕事内容の一つに
「インナーチャイルドの癒し」があります。
 
真のインナーチャイルドの癒しとは、
単に辛い思い出を慰めるだけのものではありません。
 
幼い頃の養育(家庭)環境で身につけた
思考や行動のパターンを深く見つめて
解放すること、
 
また、そのことによって、
より健全で望ましい思考や行動を養い、
今の自分が自分らしく生きやすくなること、
 
へのパワフルな取り組みです。
 
インナーチャイルドを癒すことは、
今の自分が生きやすくなることと直結しているのです。
 
 
インナーチャイルドの癒しは、
各種個人セッションで随時承っているほか、
近々では下の2つのワークショップでも関連テーマを扱います。
 
 
1つ目は「気づき塾」です。
 
テーマ:境界線と共依存
健全な人間関係の鍵ともいえるテーマ。
インナーチャイルドの癒しとも関連します。
↓例えばこんな方にオススメです↓
・いつも自分を後回しにしてしまう
・他者の気分を敏感に察知して先回りする
・ノーといえない
・責任感が強すぎてなんでもがむしゃら
他にも詳しく下のURLで紹介しています。
6月19日(日)と6月22日(水)の開催です。
http://kansyano.blog.shinobi.jp/Entry/1431/
 
 
2つ目は「叡智の道」勉強会(モニター開催)です。

人格形成の95%は5歳までに決る…
衝撃的でしょうか?でも、変えられます。
この部分に叡智とともに取り組むとことによって、人生を本当に変えていくことができます。
初回を6月24日(金)10時にスタートした後、継続してじっくり取り組みます。
http://kansyano.blog.shinobi.jp/Entry/1427/


ご興味ある方はお気軽にご連絡ください、
一緒に取り組めればとても嬉しいです*^^* 
 


  ~ご参加受付中~
 ⇒ 瞑想会 6月のテーマ「"人生の書"につながる」
6月10日(金)13時~/6月10日(金)19時~/6月11日(土)13時~

 
アカシックお話し会 6月のテーマ「カルマ -その仕組みと解消のヒント-」
6月16日(木)11時~/6月16日(木)19時~/6月26日(日)13時~


気づき塾 6月のテーマ「境界線と共依存」
6月19日(日)13時~/6月22日(水)13時~/6月22日(水)19時~


「叡智の道」勉強会 モニター開催
書籍『叡智の道』に沿った長期間の勉強会で、初回は6月24日10時~です。

ノウイングスクール本科のテキストである
書籍『叡智の道』(ゲリー・ボーネル著)に沿って勉強します。
 
  
~自分らしく生きるお手伝いをしています~
ヒーリングルーム中今のホームページ
産土神社リサーチ/アカシックリーディング/ソウルカウンセリング/ヒーリング/
扉を開くセッション/本当の自分を生きるセッション/現代レイキ講座/
アカシックお話し会/気づき塾/瞑想会/呼吸法の会
 
~ヒーリングルーム中今の情報発信~
⇒ もう1つのブログ 産土神社や日本の神さま、神社の話
メールマガジン 産土(うぶすな)だより
⇒ Facebookページ ヒーリングルーム中今
Twitter ヒーリングルーム中今

拍手[1回]

こんにちは、ヒーリングルーム中今です^^

インナーチャイルドを癒すためのイロイロな方法があります。

他者から誘導してもらってのヒプノセラピー。
年齢退行をする場合もあれば、チャイルドとの対話交流をする場合もあったり。
自分自身でイメージワークのような方法で行なうこともできますし。
大人の自分が幼い頃を振り返ることで行なうこともできます。

それぞれの方法にはそれぞれのコツがありますが… 
 
すべての方法に共通するコツがあります。

それは、「続けること」、です。

(有料セッションを続けなければいけないという意味ではなく、
 自分自身のチャイルドと向き合うことを続けるという意味です^^)


決して脅かすつもりはないのですが、
傷ついたインナーチャイルドを癒そうとすることは傷ついたインナーチャイルドと向き合うことなので、
そこに辛さや苦しさを感じることもあります。

そうした辛さや苦しさを感じたとき、辛いから、苦しいから、止めたい、と感じる方もいます。
一見、気持ちとしては自然な感じ方とも言えます。

でも、もう少し大きな視点からは、
もともと辛くて苦しいからこそ傷ついたインナーチャイルドとして自分の奥に封印してきたのですから、
避けては通れない過程なのです。

ずっと奥に封印しておけば、辛さや苦しさを感じなくてもすむと思いたくなるかもしれませんが、
それは潜在意識に辛さや苦しさの固いシコリを持ち続けることを意味します。

潜在意識のネガティブな感情のシコリは、
自分でも理由が分からない恐れや不安という形で顕在意識に影響を及ぼし、
今の私たちを操ります。
それが、私たちが自分自身に課した枠や制限や望ましくないパターンの仕組みです。

今の課題をクリアするためにインナーチャイルドの癒しに取り組もうとしたのに、
インナーチャイルドワークの辛さや苦しさからそれを止めてしまうとどうなるでしょうか?

今の課題はそのまま、あるいは、より悪化する、ということになります。

過程の辛さや苦しさに翻弄されず、「続けること」が本当に大切です。


意識をどこに向けるか?フォーカスするか?-これは続けるための大切なコツです。

例えば、辛さや苦しさに翻弄されるのは辛さや苦しさばかりに意識をフォーカスするから。

大人である今の自分の意識の持ち方が、どれだけ続けられるか?自分のチャイルドを養育できるか?の大きな要因となります。

意識の持ち方のポイントをいくつか書いてみます。


・焦らず、ありのままに


変化を焦らないこと。
自分のインナーチャイルドをありのままに受け止める。
実際の子育てのようにチャイルドに接する。
自分がこうしてほしかったということをチャイルドにしてあげる。
チャイルドのありのままのペースを尊重することが結果として近道にもなります。


・自分に優しく

自分に厳しくしないといけない、甘やかしてはいけない、という無意識の信念が強いと、
チャイルドが傷ついていること自体をジャッジしたり責めたりしたくなる場合があります。
ワークにうまく取り組めないと今の自分をジャッジしたり責めたりしたくなる場合も。
今の自分にも幼いチャイルドにも優しくしましょう。
今できることをコツコツ続ける-それしかできませんし、結果として近道にもなります。


・なんのためにワークをしているのかの「意図」をしっかり意識し続ける

自分の何を変えるために、自分がどう変わるために、インナーチャイルドワークを始めたのか?
その意図をしっかりと持ち続けることがとても大切です。
傷ついたインナーチャイルドに向き合うにはタイミングも大切です。
いつでもできることとは限りません。
今の自分を変えたくてインナーチャイルドワークを始めたのなら、それは一つのタイミングやチャンス。
その意図を意識して持ち続けることが続けることをサポートしてくれます。


・親や養育者をより大きな視点でとらえる

インナーチャイルドが親や養育者への不満や恐れなどネガティブな感情を出したとき、
自分の中の「親を大切にしなければいけない・大切にしたい)」「親を悪く思っていけない・悪く思いたくない」などの思いと相反するために、ストップをかけたくなることがあります。
(これは「親のことはもう諦めている」と顕在意識では思っている方の中にもよくあります。)
例えば、チャイルドが親を責めたとき、とっさに大人の自分が親をかばいたくなることがあります。
この場合のポイントは、どちらが正解か?ではありません。
責めるか?かばうか?という二元論で親をとらえているとことのほうがポイントです。
親や養育者にもいろんな面があります。自分自身も大人になり今なら理解できる可能性があります。
チャイルドもありのままに、親や養育者もありのままに、全体をありのままに見ることが、
傷ついたチャイルドを過去から解放して癒す鍵になります。



…しっかり意図を持ち、焦らず、優しく、より大きな視点で、今できることをコツコツ続ける。

個人セッションでインナーチャイルドワークに取り組んだクライアントさんには
表現は違えどいつもお伝えしている内容ではありますが、
文章だと落ち着いて読めたり見直せたりする良さもあるかなとまとめてみました*^^*
 
ご自身で取り組んでいらっしゃる方のご参加にもなれば幸いです^^

一人での取り組みはなかなか難しいこともありますので、
サポートが必要な場合はお気軽にご利用ください。
インナーチャイルドワークは扉を開くセッションか本当の自分を生きるセッションで行なっています。
扉を開くセッション
本当の自分を生きるセッション
 
 
 
~ご参加募集中~
アカシックお話し会 3月10日11時~/3月10日19時~/3月13日11時~
現代レイキ交流会 3月11日10時~
3月11日の集い 3月11日13時~
気づき塾 第1回 3月18日13時~/3月18日19時~/3月21日13時~
⇒ 瞑想会 第1回 4月10日13時~/4月12日13時~/4月12日19時~
 
~自分らしく生きるお手伝いをしています~
ヒーリングルーム中今のホームページ
産土神社リサーチ/アカシックリーディング/ソウルカウンセリング/ヒーリング/
扉を開くセッション/本当の自分を生きるセッション/現代レイキ講座
 
~ヒーリングルーム中今の情報発信~
メールマガジン 産土(うぶすな)だより
⇒ Facebookページ ヒーリングルーム中今
Twitter ヒーリングルーム中今

拍手[1回]

こんにちは、ヒーリングルーム中今です^^

扉を開くセッション本当の自分を生きるセッションのなかで提供しているインナーチャイルドセラピー。

こうして提供しているということは、当然?!^m^、私自身も取り組んできました。
とても奥が深いテーマですのでまだまだ取り組み続けている部分もありますが、
取り組み始めた当初から比べるとずいぶん進むことができたな、生きやすくなったな、
と感じている部分はかなり大きいです。

取り組んで良かったな、変わったな、ということはいろいろありますが…
最近特によく感じるのは、親との関係が良い意味で変わった、楽になった、ということです。


私の場合、親に対する不満は幼い頃から自覚していましたので、自分なりに模索したことも多く、そのかいあってある程度整理できていると思っていました。
しかし、インナーチャイルドの癒しという切り口で本格的に取り組んでみると、潜在意識ではまだまだ整理できておらず、生々しい感情が抑圧されたままであることが分かりました。取り組みを続けるほどに、自分の中にこれほどの感情が抑圧されていたのかと驚き、親の嫌な面や未熟な面をあらためて認識することにもなりました。
その結果、それなりに落ち着いたと思っていた親との関係が、またモヤモヤとしたものになった時期もありました。(親との間に実際に何があったということよりも、自分の中の気持ちの問題が大きかったです。)

でも、不思議なもので、そうした取り組みが進んだ今、親へのモヤモヤはほとんどなくなっています。

親に未熟な面は確かにあったし、今考えても「それってどうよ」と思うことはありますが…
幼い私が感じていた出来事や感情は、幼い私にとっては本当のことだったのですが…

同時に、幼い頃の記憶や感じ方が、幼い私の未熟さや過去世のカルマの影響による偏りを強く投影したものであったことが理解できるようになり… 幼い頃から過去世のカルマの影響を強く受けていた私は、そのために投影や被害者意識が強く、何かと育てづらい面を持った子供だっただろうなぁ… ということも分かるようになってきました。
(このヘンはインナーチャイルドの癒しと並行して過去世の勉強をした時期があったことが幸いしています。インナーチャイルドの傷と過去世のカルマは密接に関係していることが多いので、両面から見つめると効果的である場合も多いです。)

そうして全体が見えるようになればなるほど、私は思っていたよりもずっと親から愛情を注がれて育ってきたのだなぁ…と分かるようになっていきました。

インナーチャイルドや関連する過去世を癒して自分の中がクリアになるに従い、親との関係をありのままに見えるようになってきたのです。

そして、今、親への愛情をこれまでで一番自然に感じている自分がいます。


親との関係性は人それぞれ異なりますから、誰でもが私と同じ経験をするわけではなく、
どんな気づきがありどんな形に落ち着くのかは人それぞれ千差万別ですが…

インナーチャイルドとは、実は自分(の一部)のことであり。、
インナーチャイルドを癒すとは、自分を癒すことであり。

潜在意識の中でこわばっている自分自身を解きほぐすことで、
これまで見えなかったことが見えるようになり、
これまで見えなかった自分も見えるようになれば…

親との関係も自然とあるべき形へと向かっていきます☆^^
 
 
 
~いろいろ募集中~
10月24日、瞑想と呼吸法の会
アカシックリーディングモニターセッション
 
~自分らしく生きるお手伝いをしています~
ヒーリングルーム中今のホームページ
産土神社リサーチ/アカシックリーディング/ソウルカウンセリング/ヒーリング/
扉を開くセッション/本当の自分を生きるセッション/現代レイキ講座/供養のこと

~ヒーリングルーム中今の情報発信~
メールマガジン 産土(うぶすな)だより
⇒ Facebookページ ヒーリングルーム中今
Twitter ヒーリングルーム中今

拍手[1回]

プロフィール
HN:
秋野真理子
性別:
女性
自己紹介:
「歓びに満ちた人生の実現」を
お手伝いしています♪
スピリチュアルセラピスト
アカシックリーダー
日本の神さまコミュニケーター

◇個人セッション
-アカシックリーディング
-ソウルカウンセリング
-ヒーリング
-扉を開くセッション
-本当の自分を生きるセッション
(インナーチャイルドや過去世も)

◇自己認識・気づき・変容のサポート
-「叡智の道」勉強会
-気づき塾
-瞑想会
-呼吸法とお話しの会
-現代レイキ講座

◇あなたと神さまのご縁をサポート
-産土神社(うぶすな)などのリサーチ
-日本の神さまや神社の情報発信

⇒詳細はこちらへ*^^*
メールマガジン
◆神道のミニコラム
◆日本の神さまからのメッセージ
◆ヒーリングルーム中今の催し情報
   などをお届けします☆*^^*
メルマガ購読・解除
 
Facebookページ
Twitter
ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 8 9 10 11 12
13 14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
最新コメント
[11/07 ゆりね さもはら]
[10/12 p]
[09/01 平原貴美子]
[08/27 太鼓・福]
[03/25 太鼓・福]
最新トラックバック
バーコード
アクセス解析
Copyright ©   ヒーリングルーム中今 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]