忍者ブログ
Admin / Write / Res
歓びに満ちた人生を♪ ヒーリングルーム中今の秋野真理子です*^^* スピリチュアルセッションの提供を通じ、真に「自分らしく生きる」お手伝いをしています。
[917]  [916]  [915]  [882]  [914]  [913]  [912]  [911]  [910]  [909]  [908

こんにちは^o^ ワタクシ・中今(なかいま)は…

自分らしく生きるお手伝いの一つとして、ご自身に特別なご縁がある神社-産土神社や自宅の鎮守神社をお調べしています(参考:中今HPの「産土リサーチ」ページ)。


今回は、自宅の鎮守神社について時々いただくご依頼、

以前住んでいた場所や実家の鎮守神社のリサーチ

について書いてみます。


最初に結論を申し上げますと、これは、お断りしておりますm(__)m

なぜか? ごくごくザックリ申し上げますと、必要ないから、です^^;
大神さまがたが必要ないとおっしゃいますし、私の個人的な気持ちや経験としても必要ないと感じます。

大神さまは、「人が今を生きること」を見守り後押ししてくださいます。

ですから、過去のことをリサーチする必要はないですし、意味もないのです^^;

産土神社は、「生まれた時」を基準とすると過去のことに思えますが、実は正確には「生まれる前から死んだ後まで」のご縁であり、今を含んでいますから、今のリサーチとなります^^

でも、自宅-住む場所、生活の拠点は、移り変わっていきます。
そこで結ばれるご縁は、そこで住んでいる間のものです。
住むところが変われば、そのご縁は終了です。

もちろん昔なじみのような感覚といいましょうか、かつてご縁があったという記憶や絆は残りますけれど、自宅の鎮守の大神さまや自宅の鎮守神社といった関係性ではなくなります。
引っ越したとたんに神さまが知らんぷりなんていうことはありませんが、イメージとしては、「あ~、旅立っていったなぁ~、向こうでも頑張れよ~^^」みたいな感じで、その後はご自身のお働きをフツーに務められていくような感じです。

引越した後でかつての自宅の鎮守神社に参拝する場合は、「お~、久しぶり、わざわざ寄ってくれたか」的に昔なじみとして迎えてくださるイメージですが…

昔のことを今になってリサーチするというのは、神さまのあり方にはそぐわないようです。
あえて言葉にするならば、「は?今になってそれリサーチしてどうするの?」といったニュアンスの反応が返ってくるのです。 それにエネルギー注ぐよりも今を生きれば?みたいな感じです^^;

「リサーチして当時のことを感謝したい」という発想でご依頼される方もいらっしゃるのですが、神さま的には、気持ちだけで充分みたいです(笑)
感謝のきもちが湧いてきて伝えたい場合は、当時を思って「ありがとうございました…!」とシンプルに思うだけでもいいですし、当時の大神さまへフォーカスしたいならば「~に住んでいた頃のわが自宅の鎮守の大神さま、ありがとうございました!」と思うといいです。
でも、このへんも、大切なのはその人が感謝のエネルギーを発して満たされることであって、伝え方をどうこう気にするよりも今を生きれば?みたいな感じです。どこまでも、今を生きる、です(笑)
(深く捉えれば、真に感謝の気持ちが湧けば、自然と伝わるものでもありますし^^)

少しご注意をば!と感じるのは、「昔の自宅にとても愛着がある、今の自宅のよりも」という発想でのご依頼です。今は離れたご実家であったり、ご実家としては残っていないけれど多感な時期を過ごした土地であったり、などの理由で、今も大切に思うその地の自宅の鎮守神社を調べてほしいというご依頼をいただくことがあるのですが…

先にも書きましたとおり、神さま的には、とにかく「今を生きる」なのです。

ですから、そうした場合にもお断りしていますm(__)m
(ご実家に今も住まわれている方々(例えばご両親やご兄弟など)ご自身のリサーチであれば、もちろんお受けできますが^^)

この場合の注意ポイントは… 昔は良かった的な気持ちが今を生きることの邪魔になっていませんか?ということです。

みなさんではありませんけれど、この発想でのご依頼をくださる方の中に「今の住まいはいつになっても仮住まいのようで」とおっしゃる方が少なくないのですが… それっていかがなものでしょうか?

もちろん、土地ごとにそれぞれの文化や風土など個性・特性がありますから、相性はあるでしょう。
「今は都合でここに住んでいるけれど、本当に住みたい土地は別にあって、いずれはそこにと持っている」といったこともあるかもしれません。それはそれで悪くはありませんし、かまわないのですが…

でも、やっぱり、今・ここ-今現在を過ごしている地点は、しっかりと認識しているべきことです。
それは、地に足をつけて生きること、グラウンディング-そうしたことに通じることです。

もちろん、先にも書いたように相性もありますし、いろいろな経緯や事情もあるでしょうし、実際に短い間した住まわない場合もあるかもしれません。

けれど、そうであっても、「ここ」にいる間は「ここ」にグラウンディングしていることが大切です。

それが、今を生きる、ということです。

もし、どうしてもそうしづらい感情や抵抗感などがあるならば、一度じっくりと振り返り手放したり癒したりすることがいいかもしれません。そうすることによって人生が前に進み始めるかも…しれません^^


少し長くなりましたが上のようなわけでお受けできませんこと、どうぞご了承くださいませm(__)m

ご参考になる点があれば… 幸いです*^^*
 


☆ホームページ☆
産土神社リサーチ/アカシックリーディング/ガイドリーディング/ヒーリング/扉を開くセッション/
本当の自分を生きるセッション/現代レイキ講座/供養のこと
ヒーリングルーム中今(なかいま)
     
☆メールマガジン☆
産土(うぶすな)だより

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
プロフィール
HN:
秋野真理子
性別:
女性
自己紹介:
「歓びに満ちた人生の実現」を
お手伝いしています♪
スピリチュアルセラピスト
アカシックリーダー
日本の神さまコミュニケーター

◇個人セッション
-アカシックリーディング
-ソウルカウンセリング
-ヒーリング
-扉を開くセッション
-本当の自分を生きるセッション
(インナーチャイルドや過去世も)

◇自己認識・気づき・変容のサポート
-「叡智の道」勉強会
-気づき塾
-瞑想会
-呼吸法とお話しの会
-現代レイキ講座

◇あなたと神さまのご縁をサポート
-産土神社(うぶすな)などのリサーチ
-日本の神さまや神社の情報発信

⇒詳細はこちらへ*^^*
メールマガジン
◆神道のミニコラム
◆日本の神さまからのメッセージ
◆ヒーリングルーム中今の催し情報
   などをお届けします☆*^^*
メルマガ購読・解除
 
Facebookページ
Twitter
ブログ内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
最新コメント
[11/07 ゆりね さもはら]
[10/12 p]
[09/01 平原貴美子]
[08/27 太鼓・福]
[03/25 太鼓・福]
最新トラックバック
バーコード
アクセス解析
Copyright ©   ヒーリングルーム中今 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]