忍者ブログ
Admin / Write / Res
歓びに満ちた人生を♪ ヒーリングルーム中今の秋野真理子です*^^* スピリチュアルセッションの提供を通じ、真に「自分らしく生きる」お手伝いをしています。
[672]  [671]  [670]  [669]  [668]  [666]  [664]  [663]  [662]  [661]  [659
こんにちは~^^ 神さまとあなたのご縁をサポートする中今です♪

神さまとお話しをしてクライアントさまの産土神社や自宅の鎮守神社を調べたり、
阿弥陀如来さまとお話しをしてクライアントさまの供養のことについてお伝えしたり、
神さまとは限りませんがさまざまなガイド存在からのお話しをクライアントさまにお伝えしたり、
などなど…しています。

こういうことをしていると、時々、誤解を受けます。

私自身を立派な人だと思われる、という誤解です。

いや~、でも、それ、違いますから~^^;

私自身は、いわば通訳であって、神さまでも阿弥陀如来さまでもガイドさまでも、ありません。

通訳としていい仕事ができるように努力や精進はしていくわけですが、それだけのことなんです。

ヒーリングも同じで、私自身のエネルギーを使うわけではなく、仲介者的な役割を務めています。

スピリチュアルな仕組みをあまり知らなかったり慣れていなかったりすると、混乱してしまう場合もあるようですが…

神さまの言葉を伝える人は、あくまで「伝える人」であって、神さまではありません。

通訳としていい仕事をしていると思っていただけるとすればとても嬉しく光栄なことなのですが、かといって神さまではありません。

単にそういう役割を務めているだけのことです^^;

お褒めの言葉や気持ちであればありがたく受け取れば良さそうなものでもありますが…

ことスピリチュアルな分野では注意深く慎重になったほうがいいのです。

それは、他者を神さまやカリスマのように崇めたり依存したりすることで、その人自身の本当のスピリチュアルな歩みから遠ざかってしまう恐れがあるからです。

というわけで、中今としましては「私は通訳ですよ~!^^」のスタンスで、クライアントさま自身がスピリチュアルな歩みを進められますように、お手伝いをしていきたいと思っております*^^*


 よろしければ中今のホームページにもどうぞ~^^ 
あなただけの守り神さまに出会える神社を調べます
供養のこと
阿弥陀如来さまをチャネリングし「供養のこと」をお伝えします
あなたのガイドからのメッセージをうけとりアドバイスします
扉を開くセッション
人生の扉を開くサポートをいたします
ハートを感じるスピリチュアル講座
ハートを感じることを中心にスピリチュアルな学びを深めます
現代レイキ講座
学んだその日からヒーリングを活用できます

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
プロフィール
HN:
秋野真理子
性別:
女性
自己紹介:
「歓びに満ちた人生の実現」を
お手伝いしています♪
スピリチュアルセラピスト
アカシックリーダー
日本の神さまコミュニケーター

◇個人セッション
-アカシックリーディング
-ソウルカウンセリング
-ヒーリング
-扉を開くセッション
-本当の自分を生きるセッション
(インナーチャイルドや過去世も)

◇自己認識・気づき・変容のサポート
-「叡智の道」勉強会
-気づき塾
-瞑想会
-呼吸法とお話しの会
-現代レイキ講座

◇あなたと神さまのご縁をサポート
-産土神社(うぶすな)などのリサーチ
-日本の神さまや神社の情報発信

⇒詳細はこちらへ*^^*
メールマガジン
◆神道のミニコラム
◆日本の神さまからのメッセージ
◆ヒーリングルーム中今の催し情報
   などをお届けします☆*^^*
メルマガ購読・解除
 
Facebookページ
Twitter
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
最新コメント
[11/07 ゆりね さもはら]
[10/12 p]
[09/01 平原貴美子]
[08/27 太鼓・福]
[03/25 太鼓・福]
最新トラックバック
バーコード
アクセス解析
Copyright ©   ヒーリングルーム中今 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]