忍者ブログ
Admin / Write / Res
歓びに満ちた人生を♪ ヒーリングルーム中今の秋野真理子です*^^* スピリチュアルセッションの提供を通じ、真に「自分らしく生きる」お手伝いをしています。
[813]  [793]  [812]  [811]  [810]  [809]  [808]  [807]  [806]  [805]  [804

こんにちは^^ 神さまとあなたのご縁をサポートする中今です♪

今回は、以前、別れの悲しさでいっぱいになっていたときに、とある神社の神さまがかけてくれた言葉のご紹介です。



お互いに幸せになるんだから、それでいいではないか



別れには、分野を問わずに、程度の差はあれ、悲しさや寂しさがつきものかな…と思います。
恋愛であっても、友人であっても、家族であっても…
心が離れていく別れであっても、状況が離れていく別れであっても…

卒業後の進路の違いで別れるなど前向きな状況でも悲しみや寂しさがNothingとはいかないくらいですから、もう道が交わることはないかも…と思う場合はなおさら、モメにモメた場合は複雑さもあいまってさらになおさら、…かもしれません^^;

でも、どんな場合でも、人は自分の道を歩き続けるのですから、それは、自分自身の道を歩んで幸せになるということなのだから、それでいいんですよね。

別れのときには、相手が遠くなっていくこと自体の悲しさはもちろんのこと、相手や相手と共有した時間への自分自身の思いが過去になる悲しさも、とても大きいと思います。もし、自分の思いにまるで意味がなかったかのように思えるとすれば、なおさらです。

でも、どんなときも、大きい目でみれば、誰もが自分の道を幸せに向かって歩いています。

それは、別れの前もそうだし、別れの後もそうだし。

別れるあの人とこの人の、どっちが勝ちでどっちが負けとか、そういうことも、ないんですよね。

ただ、それぞれの道を幸せに向かって歩いていくだけ。

そう聞いたからといって、悲しみがすぐに無くなるわけではないですけれど…

あぁ…そうだなぁ…と、心にしみわたり楽になりました。
  
いつも誰もが幸せに向かっていること、覚えていたいなと思います*^^*



~自分らしく生きるお手伝いをしています~
ヒーリングルーム中今のホームページ
産土神社リサーチ/アカシックリーディング/ソウルカウンセリング/ヒーリング/
扉を開くセッション/本当の自分を生きるセッション/現代レイキ講座/
アカシックお話し会/気づき塾/瞑想会/呼吸法の会
 
~ヒーリングルーム中今の情報発信~
⇒ もう1つのブログ 産土神社や日本の神さま、神社の話
メールマガジン 産土(うぶすな)だより
⇒ Facebookページ ヒーリングルーム中今
Twitter ヒーリングルーム中今

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
プロフィール
HN:
秋野真理子
性別:
女性
自己紹介:
「歓びに満ちた人生の実現」を
お手伝いしています♪
スピリチュアルセラピスト
アカシックリーダー
日本の神さまコミュニケーター

◇個人セッション
-アカシックリーディング
-ソウルカウンセリング
-ヒーリング
-扉を開くセッション
-本当の自分を生きるセッション
(インナーチャイルドや過去世も)

◇自己認識・気づき・変容のサポート
-「叡智の道」勉強会
-気づき塾
-瞑想会
-呼吸法とお話しの会
-現代レイキ講座

◇あなたと神さまのご縁をサポート
-産土神社(うぶすな)などのリサーチ
-日本の神さまや神社の情報発信

⇒詳細はこちらへ*^^*
メールマガジン
◆神道のミニコラム
◆日本の神さまからのメッセージ
◆ヒーリングルーム中今の催し情報
   などをお届けします☆*^^*
メルマガ購読・解除
 
Facebookページ
Twitter
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
最新コメント
[11/07 ゆりね さもはら]
[10/12 p]
[09/01 平原貴美子]
[08/27 太鼓・福]
[03/25 太鼓・福]
最新トラックバック
バーコード
アクセス解析
Copyright ©   ヒーリングルーム中今 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]