忍者ブログ
Admin / Write / Res
歓びに満ちた人生を♪ ヒーリングルーム中今の秋野真理子です*^^* スピリチュアルセッションの提供を通じ、真に「自分らしく生きる」お手伝いをしています。
[510]  [509]  [508]  [502]  [496]  [494]  [488]  [492]  [489]  [487]  [486
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんにちは、中今です^^


今日で、東関東大震災から2年目。
みなさん、それぞれの思いでこの特別な日を過ごされたことと思います。

中今では瞑想と祈りの会を開催…ですが、どうしたわけか今回は参加者さんが集まりませんでした^^;ご興味もってくださる方は日程があわなかったり、ご参加予定の方がやむをえない急用でキャンセルされたり、など。通常のイベントの場合は参加者さんがいらっしゃらなければ開催せずに他の仕事や用事をするのですが、今回はそのようなこととは異なりますので、一人で実施しました。

阿弥陀如来さまの誘導に従い進め、他の仏尊さまがた・光のご存在もご一緒くださり、素晴らしい祈りの機会を持つことができました。

阿弥陀如来さまが震災で亡くなった方々に伝えられたことのなかに、

あなた方の旅はまだ終わってはいない、今生が終ったからといってすべてが終ったわけではなく、それぞれの旅路を進み光を目指すことかできる、そうしたからといって残された人たちを見捨てることにならず、むしろあなた方が進むことによって残された人たちを助けることができるのです。

といったことがありました。

人は、生前に持っていた概念を、亡くなった後も持ち続けます。このため、死んだら終りだと思っていた方は、死んだ自分は終ってしまった…ととらえ、先に進みづらくなりがちです。
そこに、供養を通じて ”そうではないのですよ…” と伝えることには大きな意味があります。
亡くなった方が納得されれば、次へと進むことができ、エネルギーが整い、進まれる未来が明るくなり、関係する残された方々にもその整ったエネルギーのよき影響が及ぶからです。

もちろんこれは、亡くなることの悲しみや大切な人を失くす悲しみを、否定するものではありません。

人の大きな悲しみを、さらに大きく大きく包んでくださる、阿弥陀如来さまをはじめ、たくさんの仏尊さま、光のご存在の慈愛に… 心から感謝申し上げます。


☆~ よければ中今のホームページもご覧ください ~☆
産土神社(うぶすなじんじゃ)
あなただけの守り神さまに出会える神社を調べます
自宅の鎮守神社
現在の生活全般をサポートしてくれる神さまに出会える神社です
カウンセリング
神さまからのメッセージをうけとりアドバイスします
その他、リコネクション(R)現代レイキ講座

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
プロフィール
HN:
秋野真理子
性別:
女性
自己紹介:
「歓びに満ちた人生の実現」を
お手伝いしています♪
スピリチュアルセラピスト
アカシックリーダー
日本の神さまコミュニケーター

◇個人セッション
-アカシックリーディング
-ソウルカウンセリング
-ヒーリング
-扉を開くセッション
-本当の自分を生きるセッション
(インナーチャイルドや過去世も)

◇自己認識・気づき・変容のサポート
-「叡智の道」勉強会
-気づき塾
-瞑想会
-呼吸法とお話しの会
-現代レイキ講座

◇あなたと神さまのご縁をサポート
-産土神社(うぶすな)などのリサーチ
-日本の神さまや神社の情報発信

⇒詳細はこちらへ*^^*
メールマガジン
◆神道のミニコラム
◆日本の神さまからのメッセージ
◆ヒーリングルーム中今の催し情報
   などをお届けします☆*^^*
メルマガ購読・解除
 
Facebookページ
Twitter
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カウンター
最新コメント
[11/07 ゆりね さもはら]
[10/12 p]
[09/01 平原貴美子]
[08/27 太鼓・福]
[03/25 太鼓・福]
最新トラックバック
バーコード
アクセス解析
Copyright ©   ヒーリングルーム中今 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]