忍者ブログ
Admin / Write / Res
歓びに満ちた人生を♪ ヒーリングルーム中今の秋野真理子です*^^* スピリチュアルセッションの提供を通じ、真に「自分らしく生きる」お手伝いをしています。
[783]  [779]  [776]  [774]  [773]  [772]  [771]  [769]  [767]  [766]  [765

※2016年1月、メニュー「供養のこと」の提供を終了し、供養についてのご相談は
 「アカシックリーディング」または「ソウルカウンセリング」で承るようになりました。
 詳しくは右のリンク先をご覧ください。⇒ コチラ☆


こんにちは^^ 神さまとあなたのご縁をサポートする中今は、阿弥陀如来さまのサポートをいただいてメニュー「供養のこと」も提供しております☆

今回の記事では、ご結婚されている女性から時々いただくご質問「実家の先祖供養と婚家の先祖供養をどう捉えればいいですか?」について書いてみます^^


エネルギー的に密接なつながりがあるのは血縁のご先祖さま(DNAの繋がりのあるご先祖さま)です。

このため、ご実家と嫁ぎ先を比べると、一般的にはご実家のご先祖さまの状態を影響を受けやすいですし、供養をした際の効果も出やすいです。特殊な事情があれば違ってくることも在り得ますが、エネルギー的な基本的仕組みとしてはご実家がメインです。

しかし、嫁ぎ先も全く関係がないわけではありません。

まず、人間的な関係としてやはり務めたほうがよい、ということはあります。

また、エネルギー的な観点からは、血縁がないとはいえ、血縁がある配偶者と生活をともにしていることで、何がしかの影響は受けることとなります。
子どもさんがいる場合は、子どもさんにとっては血縁のあるご先祖さまでもあります。

先祖供養は血縁がある方がするとよりパワフルなのですが、配偶者という密接な関係の方がすることも意味深いことですので、婚家の先祖供養についてもできる範囲で務めていくことがよいかと思います。

また、これはここまでのエネルギー的な話しとは異なった切り口での話しになりますが、
大切な配偶者の大切なご先祖さまだから供養させていただきたい、という捉え方もあるかと思います。
 

ご参考になれば幸いです*^^*
 
 
 
~歓びに満ちた人生を♪~
~自分らしく生きるお手伝いをしています~
ヒーリングルーム中今のホームページ
産土神社リサーチ/アカシックリーディング/ソウルカウンセリング/ヒーリング/
扉を開くセッション/本当の自分を生きるセッション/現代レイキ講座/
アカシックお話し会/気づき塾/瞑想会/呼吸法の会

~ヒーリングルーム中今の情報発信~
⇒ もう1つのブログ 産土神社や日本の神さま、神社の話
メールマガジン 産土(うぶすな)だより
⇒ Facebookページ ヒーリングルーム中今
Twitter ヒーリングルーム中今

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
プロフィール
HN:
秋野真理子
性別:
女性
自己紹介:
「歓びに満ちた人生の実現」を
お手伝いしています♪
スピリチュアルセラピスト
アカシックリーダー
日本の神さまコミュニケーター

◇個人セッション
-アカシックリーディング
-ソウルカウンセリング
-ヒーリング
-扉を開くセッション
-本当の自分を生きるセッション
(インナーチャイルドや過去世も)

◇自己認識・気づき・変容のサポート
-「叡智の道」勉強会
-気づき塾
-瞑想会
-呼吸法とお話しの会
-現代レイキ講座

◇あなたと神さまのご縁をサポート
-産土神社(うぶすな)などのリサーチ
-日本の神さまや神社の情報発信

⇒詳細はこちらへ*^^*
メールマガジン
◆神道のミニコラム
◆日本の神さまからのメッセージ
◆ヒーリングルーム中今の催し情報
   などをお届けします☆*^^*
メルマガ購読・解除
 
Facebookページ
Twitter
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
最新コメント
[11/07 ゆりね さもはら]
[10/12 p]
[09/01 平原貴美子]
[08/27 太鼓・福]
[03/25 太鼓・福]
最新トラックバック
バーコード
アクセス解析
Copyright ©   ヒーリングルーム中今 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]