忍者ブログ
Admin / Write / Res
歓びに満ちた人生を♪ ヒーリングルーム中今の秋野真理子です*^^* スピリチュアルセッションの提供を通じ、真に「自分らしく生きる」お手伝いをしています。
[654]  [651]  [650]  [632]  [649]  [648]  [647]  [646]  [645]  [644]  [643
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんにちは^^ 神さまとあなたのご縁をサポートする中今です♪

今日のお客さまはお誕生日に扉を開くセッションを受けにきてくださいました。

と言っても、狙ってのことではなく、ご都合よい日がちょうどお誕生日だったのだそうです。
けれど「これも何か意味あっての一致かな…^^」とも思われていたのだそうで…
実際にセッション後は「いい誕生日になりました*^^*」のことで、よかったです!

新しく見えてきた道… これから楽しく進んでいってくださいネ!☆


扉を開くのは、やはり、本人の思いだなぁ…!とシミジミ思います。

例えば私が提供するセッションにしてもあくまでお手伝いであり、扉を押す手はクライアントさまご本人の手。「セッションを受ける」と決めて実行すること自体も、ご本人さまにしかできないことですし。

「扱う内容は上(高次のガイド存在)におまかせ」である扉を開くセッションにおいては…
自分の想像が及ばない部分まで広く深く導いてほしい、今の自分の枠を超えて進んでいきたい、障りがあるならば向き合って癒したい、もしも耳が痛いことがあったとしても聞いて糧としたい… ご本人のそうした思いが前提となって、上からのサポートを充分に受け取る深いセッションが成っていきます。

そしてことのことは、セッション以外でも同じだと思うのです。

自分を広く深く開いたときに、サポートを充分に受け取ることができ、前に進める、新しい扉が開く、ということは、どんなときにも言えることだと思うのです。

「扉を開きたい!」「新しいステージに進みたい!」というあなた自身の思い。
「このままじゃあだめだ…」「今のままはもう嫌だ…」そんな形の思いであることもあるかもしれません。

そんな思いが湧いてきたらぜひ大切にしてください。その思いが扉を開きます*^^*

 よろしければ中今のホームページにもどうぞ~^^ 
あなただけの守り神さまに出会える神社を調べます
供養のこと
阿弥陀如来さまをチャネリングし「供養のこと」をお伝えします
あなたのガイドからのメッセージをうけとりアドバイスします
扉を開くセッション
人生の扉を開くサポートをいたします
ハートを感じるスピリチュアル講座
ハートを感じることを中心にスピリチュアルな学びを深めます
現代レイキ講座
学んだその日からヒーリングを活用できます

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
プロフィール
HN:
秋野真理子
性別:
女性
自己紹介:
「歓びに満ちた人生の実現」を
お手伝いしています♪
スピリチュアルセラピスト
アカシックリーダー
日本の神さまコミュニケーター

◇個人セッション
-アカシックリーディング
-ソウルカウンセリング
-ヒーリング
-扉を開くセッション
-本当の自分を生きるセッション
(インナーチャイルドや過去世も)

◇自己認識・気づき・変容のサポート
-「叡智の道」勉強会
-気づき塾
-瞑想会
-呼吸法とお話しの会
-現代レイキ講座

◇あなたと神さまのご縁をサポート
-産土神社(うぶすな)などのリサーチ
-日本の神さまや神社の情報発信

⇒詳細はこちらへ*^^*
メールマガジン
◆神道のミニコラム
◆日本の神さまからのメッセージ
◆ヒーリングルーム中今の催し情報
   などをお届けします☆*^^*
メルマガ購読・解除
 
Facebookページ
Twitter
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カウンター
最新コメント
[11/07 ゆりね さもはら]
[10/12 p]
[09/01 平原貴美子]
[08/27 太鼓・福]
[03/25 太鼓・福]
最新トラックバック
バーコード
アクセス解析
Copyright ©   ヒーリングルーム中今 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]