忍者ブログ
Admin / Write / Res
歓びに満ちた人生を♪ ヒーリングルーム中今の秋野真理子です*^^* スピリチュアルセッションの提供を通じ、真に「自分らしく生きる」お手伝いをしています。
[1284]  [1283]  [1282]  [1281]  [1280]  [1279]  [1278]  [1276]  [1275]  [1274]  [1273
こんにちは、ヒーリングルーム中今です^^

紀元前二世紀に記された中国最古の医学書『黄帝内経(こうていだいけい)』に次のようなことが書かれているそうです。

「病気が現われてから治療を施すというのは、のどの渇きを覚えてから井戸を掘ったり、戦いが始まってから武器を鍛錬したりするようなものだ。」

それを読んで、"人生や心にも同じことがいえるなぁ…!" と感じました。

人生や心に多少の悩みや迷いがあるのは、社会生活に多少のストレスがつきものなのと同じで、ある程度であれば自然なこと。

しかし、悩みや迷いが慢性化したりトラブルや問題になってから対策を始めるのでは、病気になってから治療するのと同じで、後手に回ってしまっている状態です。

病気やトラブルに対処することはもちろん大切です。

そして、普段から「健やかであること」「健全であること」を意図して過ごすことは、それ以上に大切です。

心身ともに、言えることです☆

ヒーリングルーム中今では、クライアントさまの人生を、主に心の分野から、スピリチュアルな視点を通じて、サポートしています。

今のところ講座やワークショップなどの形よりも個人セッションの形でサポートさせていただく機会のほうが多いのですが、これからワークショップの機会ももう少し持っていければなぁ、と思っています。

そう思うようになったのにはいろいろな理由があるのですが…

一つには、スピリチュアルな考え方や捉え方、毎日や人生を過ごすうえでのスピリチュアルなセオリーなどを知ってご自身のものにしていただきたい、ということがあります。

病気になってから治療する形ではなく、(病気にならない・なりづらい)健やかな生き方を心の面からスピリチュアルにお伝えしていきたいな、それにはレクチャーや各種のワークを盛り込みやすいワークショップという形式が有利、という思いがあったのです。

またもう一つ、ワークショップには、同じテーマに関心がある人たちが集うことによってエネルギーがよりダイナミックに動いて変容が起こりやすいという利点もありますので、それもサポートにしてもらえればという思いもありました。
 
そうした機会として今月は「お話し会 ~「自分に優しくすること」について考えよう~」を開催します。
「自分に優しくすること」は私たちの本能的な生命エネルギーや第一チャクラとも関係する本当に深いテーマですので、お話し会の1回目のテーマに選びました。
(2回目以降も順次大切なテーマを取り上げていきたいなと思っております。)

自分への気づきを深めたい方、より自然な流れの中で生きたい方、スピリチュアルな学びを深めて自分自身のものにしていきたい方、などなど、ご関心あるみなさまと一緒に勉強できればとても嬉しいです。

みなさまからのお申し込みをお待ちしております*^^*


★11月17日 お話し会
  ~「自分に優しくすること」について考えよう~★


「自分に優しくすること」

簡単なようでいて深いテーマです。

自分に優しくできるようになると、自分の軸を持て、生きるのが楽になります。
自分に優しくできるようになると、他者にも優しくできるようになります。
自分に優しくできるようになると、他者から優しくしてもらえるようになります。

自分に優しくできないままに、ガムシャラに頑張っても、認められたいと努力しても、
空回りしたり、自分がすり減っていくようで苦しくなるばかりだったり、しがちです。

無理をしがちな方。頑張りすぎな方。自分を追い立ててしまう方。
いつも自分よりも他の人を優先してしまう方。いつも自分を後回しにしてしまう方。
自分を好きになれない方。自分を肯定できない方。
自分を責めてしまう方。ダメ出ししてしまう方。罪悪感を抱きがちな方。
自分に優しくしてはいけない気がする方。
どうすれば自分に優しくできるのか分からない方。
どうすれば自分を大切にできるのか分からない方。
逆に、自分に優しすぎて?!怠けちゃう方。
…などなど、他にも、とにかくご興味湧いてきた方々。

「自分に優しくすること」について、一緒に考えてみませんか?

スピリチュアルな視点からのレクチャー、ディスカッション、誘導瞑想、リーディングによるワンポイントアドバイスなどを経験していただけます。

みなさまとご一緒できること、楽しみにお待ちしております*^^*


【日 時】

11月17日(火) 9時45分~11時45分(開場9時30分)


【定 員】

6名 (残席5名さま-2015.11.1時点)


【内容や目的】

スピリチュアルな視点からのレクチャー、リーディング、誘導瞑想、ディスカッションなどを通じ、
・お一人おひとりが「自分に優しくすること」への気づきを深めること
・人生や毎日へのヒントや指針を得られること
を目的とした学びやシェアの機会です。

   
【場 所】

沖洲コミュニティーセンター 和室小(徳島市沖洲)
徳島市北沖洲三丁目4-7)   
  ⇒ 公式Webサイト アクセスページ
        
  
【料 金・お支払い方法】


4,000円
 
※お申込み後1週間以内(土日祝除く)にお振込をお願いいたします。
 1週間以内よりも早く会の当日となる場合は、11月16日までにお願いします。
 お振込先はお申し込みへの返信でお知らせいたします。


【キャンセル・返金】

・会当日から起算して1週間前までにキャンセルされた場合は、お振込金額から手数料500円を差し引いた金額を、ご指定の口座に返金いたします。返金には数日~1週間程度の時間をいただきます。
・会当日から起算して1週間前を過ぎてのキャンセルにつきましては、返金できませんのであらかじめご了承ください。
   
 
【お申し込み・お問い合わせ】
 
11月15月24時にお申し込みを締め切ります。
 
下の6点をご記載のうえ infoアットマークonn.sakura.ne.jp へメールでご連絡ください。
(「アットマーク」は半角の「@」に置き換えてください。)
        
48時間以内に返信いたします。
(携帯電話からご連絡の方は、パソコン、または上のメールアドレスからのメールが受け取れるよう設定をお願いいたします。)

(1)メールの件名か本文に「11月17日 お話し会 申込」とご記載ください
(2)お名前
(3)ふりがな
(4)性別 
(5)ご連絡先(携帯電話番号など当日の緊急連絡用)
(6)その他、メッセージやご質問などがあればお知らせください

※なお、精神疾病がある方や精神科などで精神的・心理的な治療中の方、精神的・心理的な作用のある薬を服用中の方、また過去1年以内にそうしたことがおありの方にはお受けいただけない場合があります。必ず事前にお申し出ください。
 
 

~自分らしく生きるお手伝いをしています~
ヒーリングルーム中今のホームページ
産土神社リサーチ/アカシックリーディング/ソウルカウンセリング/ヒーリング/
扉を開くセッション/本当の自分を生きるセッション/現代レイキ講座/
アカシックお話し会/気づき塾/瞑想会/呼吸法の会
 
~ヒーリングルーム中今の情報発信~
⇒ もう1つのブログ 産土神社や日本の神さま、神社の話
メールマガジン 産土(うぶすな)だより
⇒ Facebookページ ヒーリングルーム中今
Twitter ヒーリングルーム中今

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
プロフィール
HN:
秋野真理子
性別:
女性
自己紹介:
「歓びに満ちた人生の実現」を
お手伝いしています♪
スピリチュアルセラピスト
アカシックリーダー
日本の神さまコミュニケーター

◇個人セッション
-アカシックリーディング
-ソウルカウンセリング
-ヒーリング
-扉を開くセッション
-本当の自分を生きるセッション
(インナーチャイルドや過去世も)

◇自己認識・気づき・変容のサポート
-「叡智の道」勉強会
-気づき塾
-瞑想会
-呼吸法とお話しの会
-現代レイキ講座

◇あなたと神さまのご縁をサポート
-産土神社(うぶすな)などのリサーチ
-日本の神さまや神社の情報発信

⇒詳細はこちらへ*^^*
メールマガジン
◆神道のミニコラム
◆日本の神さまからのメッセージ
◆ヒーリングルーム中今の催し情報
   などをお届けします☆*^^*
メルマガ購読・解除
 
Facebookページ
Twitter
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
最新コメント
[11/07 ゆりね さもはら]
[10/12 p]
[09/01 平原貴美子]
[08/27 太鼓・福]
[03/25 太鼓・福]
最新トラックバック
バーコード
アクセス解析
Copyright ©   ヒーリングルーム中今 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]